KUHLジャパンプロジェクトR35GT-R逆輸入車!KUHLRACINGマフラー・チューニングパーツワンオフ進行中!!

本日は、2015東京オートサロンに出展予定のカスタムカーの進行状況について、タップリご報告させて頂きたいと思います[#IMAGE|S1#]!!
まずは、今回のオートサロンの目玉車になると思われますKUHLJAPANプロジェクトR35GT-R逆輸入車からです!!
おかげ様で、まだまだ年内納車やカスタム待ちのお客様が多い中、KUHLテクニカルファクトリー工場長の予定を空けることが出来ましたので、先週火曜日より、本格的に、R35GT-Rのチューニングパーツ作成に入ることが出来ました[#IMAGE|S40#]!!
昨年は11月末より取りかかれていたのですが、今年は大幅に遅れてしまいました・・・!!
そんな中、まずはインタークーラーパイピングが完成いたしました(まだ2本だけですが・・・エンジンルーム内パイプはもちろんまだ何も出来ておりません・・・)[#IMAGE|S49#]!!

インタークーラーは現在純正のままですが、実車にはBLITZさんのインタークーラーコアを装着いたします!!
KUHLJAPANプロジェクトは、日本を代表する技術者を集めて、世界に日本のカスタム技術を魅せつけるプロジェクトですので、既製品をそのまま装着することは当然できません[#IMAGE|S45#]!!
チューニングパーツを担当させて頂いております弊社KUHLRACINGといたしましては、皆様をガッカリさせることが無い様に、魅せるエンジンチューニング&マフラー製作を行いたいと思っております!!
そして今回、マフラーはチタンパイプにてワンオフさせて頂きます!!
センターパイプからY字左右分岐まで完成しております!!この時点で、この複雑レイアウトです・・・!!

これから、バンパーから見える部分のレイアウトと、出口装着に入らせて頂きます!!
チタンパイプはステンレスに比べて非常に硬いので、細かくカットするだけでも非常に時間がかかります!!また、GT-Rはフロアがドライカーボンのディフューザーに覆われておりますので、スペースが非常に限られ、複雑なレイアウトが非常に難しい状況です[#IMAGE|S8#]!!
KUHLJAPANプロジェクト2014 86 に比べて、やはり難易度が相当上がっておりますが、弊社一番の腕利きメカニックがキッチリ製作してくれると思います[#IMAGE|S49#]ので、皆様期待して下さいね!!
というわけで、時間がもっともっと欲しいGT-Rですが、メカニックともども頑張りますので、よろしくお願い致します[#IMAGE|S40#]!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です