東京オートサロン2015番外編  ~~KUHL名古屋~~GTR yahoo

☆☆東京オートサロン 番外編☆☆

みなさま、立て続けのUPで、そろそろ違う話題を・・・・というより、うれしいニュースを会場のお客様から聞きましたので、ご案内しますね!!

じつは、今回yahoo のニュースに弊社の車両が取り上げられました!!
①1月10日(土)11時10分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150110-00000016-rps-ind

以下引用の内容です

「Kuhl(クール)」ブランドを展開するルーフコーポレーション(名古屋市)は、高級カトラリーのような輝きを放つ『2015Ver R35GT-R』を展示。巧みなマスキング、世界初のエングレービング技術、新開発メタルペイントなどで、芸術的なシルバー彫刻の世界をつくりだした。

ボディワークやカスタムペイントはアルティス(奈良県安堵町)によるもの。片側70mmのワイド化ボディをメタルワークで制作した鉄板造形と、メタルペイント・エングレービングで、高級カトラリーの紋様のような雰囲気を創出した。

ビュラン彫りともいわれるエングレービング(engraving)は、もともと凹版印刷などで用いられた技法。日産『GT-R』のボディにシルバーのペイントを施し、ひとつひとつ“彫り”を入れていく。

「日本が誇るカスタムメーカー・技術者を結集させ、日本を代表する匠の技術を駆使したスペシャルカーを作り上げ、世界中にアピールする」という同社。このクルマのコンプリート価格は3900万円。

②1月11日(日)20時25分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150111-00000005-impress-ind

以下引用です
1月9日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開幕した「東京オートサロン 2015 with NAPAC」。今年も多くのカスタムカー、チューニングカーが会場を賑わせていたが、トヨタ「86」とスバル(富士重工業)「BRZ」への注目度は依然として高い。ここでは会場に展示されていた多くの86/BRZを紹介してみよう。

■ Kuhl Racing

オリジナルの「KHL RACING 01R-GT」エアロキットとワイドボディーキットを組み合わせた86。ゴールドメッキのカラーリングは塗装ではなくラッピングによるもの。
といった形で開催中にたくさんの報道や、PICK UPに取り上げていただきました。ありがとうございます。また、皆様にて画像をシェアしていただいたり、教えていただいたり、本当にうれしく思います。日頃からありがとうございます。

いよいよ、明日は運命の表彰式の模様をご案内させていただきますね[#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#][#IMAGE|S3#]

BY 高橋